採用情報採用情報

社員・スタッフインタビュー

インテリアコンシェルジュ 小松 由佳

入社のきっかけ

前職では、アパレルブランドのデザイナーとして、ブランドコンセプト決めや商品企画、デザイン等を担当していました。ファッションはターゲットの年齢に特化してしまうので、年を重ねるごとに深く知ることができ、どの地域でも活躍することができるインテリアコンシェルジュの仕事に興味を持ちました。当社はマンション、注文住宅、リフォームと幅広く対応しているので、多くの現場に携われると思い志望しました。

入社してから大変だったこと

お客様からのご要望が十人十色でしたので、それに応えられるのか不安でした。
覚えることも多く、今では簡単にできる作業も自分のものにするのには時間がかかりましたが、日々の疑問点は先輩に聞くことで理解を深めることが出来ました。

この仕事のやりがい

デザイナー時代から、相手の要望を聞いてそれを具現化することは必要とされていたので、その経験を活かせる仕事だと思っています。お客様のご要望に応えられ、感謝のお手紙を直に頂いた時は素直にうれしかったです。

今後の目標

インテリアコンシェルジュの仕事は、お客様にとっての世界に一つだけの空間作りをお手伝いすることができる仕事です。お客様が何を求め、何に迷っているのかを聞き取り、理想の空間を提供することで、多くの人に求められるインテリアコンシェルジュになりたいです。

ページの先頭に戻る

  • 全国ショールームINFORMATION全国ショールームINFORMATION
  • インテリアコーディネート事例インテリアコーディネート事例